2009年3月30日月曜日

Mode of action of cannabinoids on nociceptive nerve endings.

Exp Brain Res. 2009 in press PMID19306092
カンナビノイド(マリファナ)の鎮痛作用に関する受容体についてのreview
マリファナについては鎮痛作用をはじめとしてさまざまな効果が期待されていて、一部の国では医用マリファナを容認するところもあります。しかしながら、イギリスで行われた臨床研究では鎮痛作用を期待してマリファナを全身投与ー吸うわけですがーさせるという「治療」については副作用が強くて実用は難しいという結論が得られています。
しかしながら、カンナビノイドを髄腔内や局所に選択的に投与するとオピオイドよりもより強力な鎮痛作用が得られることも事実であり、より効果的な選択方法を考える上で、カンナビノイドが体のどこに効いて鎮痛作用が起きているか?という疑問に答える必要性が高まっています。
カンナビノイド受容体はCB1とCB2があって、かつてはCB1は神経、CB2は免疫細胞にそれぞれ発現していると言われていましたが、詳細な発現解析が一通り終了した現在では、「両者がいろいろなところに発現している、発現量は臓器・組織によってずいぶん違う」というのが結論だとされています。神経組織の中でさえCB1受容体は広範囲な発現を示していて、どこのCB1が鎮痛に効いているのかさっぱり解らないという状態がでした。
2007年のコンディショナルノックアウトマウスを使った解析で、一次知覚神経のCB1が相当あやしいということがわかりました。僕自身、このマウスの行動解析をしましたが、はっきり言って一次知覚神経のCB1が全面的に鎮痛作用を担ってるんじゃないの?というぐらいはっきりとした表現型でした。論文の題は"Cannabinoids mediate analgesia largely via peripheral type 1 cannabinoid receptors in nociceptors"でlargelyとか言ってずいぶん控えめだなと思うかもしれませんが、これはそういう題じゃないとダメとレフェリーが言ったからであって、著者たちの思惑とは若干異なります。どうしてこんな玉虫色の表現になったのか?それは、内因性カンナビノイドがカンナビノイド受容体以外にもさまざまな受容体に作用する可能性があるからです(図)。内因性カンナビノイドの一種アナンダミドはカプサイシン受容体のアゴニストとして働いて疼痛を惹起させるとか言うグループもあって結構ややこしいのですが、このあたりのことも含めてしっかりとreviewしていて末梢神経のカンナビノイドについて整理するにはよいかもしれません。

0 件のコメント: