2009年3月11日水曜日

Upregulation of IL-6, IL-8 and CCL2 gene expression after acute inflammation: Correlation to clinical pain

in press in Pain
oral surgery/inflammation model (human)でサイトカイン・ケモカインの変化をマイクロアレイとRT-PCRで定量。上昇したmoleculeの中で疼痛と関連したのはIL-6,IL-8,CCL2。NSAIDsの投与でこれらの因子の上昇は抑制されず。
ちなみに、CCL2の受容体CCR2はnaive DRG neuronには発現がない(nerve injury モデルでは上昇する: Jung H et al. Activation of the nuclear fac...[PMID: 17949992])。inflammationでは組織のCCR2は上昇するようだ(Abbadie C et al. Impaired neuropathic pain res...[PMID: 12808141])。

0 件のコメント: