2009年6月19日金曜日

Local Translation in Primary Afferent Fibers Regulates Nociception

Plos one 2008, 3, (4) e1961
mTORというのはmammalian target of rapamycinの略で、mRNAからタンパクが作られる過程、いわゆるtranslationを制御する物質なのだそうです。
タンパク合成というのは細胞体で行われるもの、というのが一般的理解ですが、実はそうでもない、というケースも数多く報告されています。神経細胞でいうならばシナプス近傍でもタンパク合成が行われていて、そのようなタンパク合成が神経の活動性、代表的には海馬におけるLTPですが、そういったものに影響を与えているということはまずまず知られています。細胞体以外でのタンパク合成に重要なのがmTORで、この論文は一次知覚神経、それもシナプス側ではなくて、皮膚組織側にmTORが発現していて、痛覚過敏に何らかの貢献をしている、という論文です。
末梢神経にmTORが存在していることを皮膚組織の免疫染色で示しています・・・とても綺麗です。神経のマーカーにはPGPとNF200を使っていますが、多くのmTOR陽性線維はNF200陽性、すなわち有髄繊維であるようです。
mTORはラパマイシンという抗生物質で機能が阻害されるからmTORという名前なのですが、実際にラパマイシンを足底に投与して、痛覚過敏が減弱するかを検証しています。結果として、カプサイシン投与後のsecondery hyperalgesiaを抑制して機械刺激に対する過敏性を減弱させるようです。この反応は、中枢性感作(脊髄レベルの可塑性)によって生じると考えられていたのですが、一次知覚神経の、それもDRGよりももっと末梢側におけるタンパク発現の変化が病態に関与していると示されたことには驚きました。

0 件のコメント: