2009年8月22日土曜日

Reduction of bone cancer pain by activation of spinal cannabinoid receptor 1 and its expression in the superficial dorsal horn of the spinal cord in

Anesthesiology. 2009 Jul;111(1):173-86.
カンナビノイドはオピオイドと比較されることが多いです。その際よく聞くのは慢性疼痛モデルではMORの発現は低下するけれどCB1の発現は低下しないので、慢性痛に対してはオピオイドよりもカンナビノイドがより効果的なのではないか、という可能性を提示するものです。
この論文はこの可能性を骨がん転移モデルで検証したものです。脊髄におけるCB1の発現を免疫染色で確認しています。脊髄CB1の発現には諸説あることは以前述べた通りですが、この論文ではCB1は軸索側ではなくて樹状突起側にだけあるので、おそらくは脊髄内のinterneuronに発現しているのだろうと結論しています。行動解析では脊髄内に投与したCB1アゴニストは骨がん転移に伴う疼痛を緩和しており、ここでは脊髄CB1は鎮痛の方向に働いていることがわかります。面白いことに骨がん転移モデルでは脊髄MORの発現は低下するけれど、CB1の発現は変化していません。そんなわけで、この論文は癌性疼痛のなかでも難治性と言われる骨がん転移にCB1の投与が奏功する可能性を提示しています。


2009年10月5日
追記です。CB-1は樹状突起ではなくて軸索に発現してます。指摘頂いたので訂正します。

0 件のコメント: