2010年2月15日月曜日

痛みと鎮痛の基礎知識 上・下(知りたい!サイエンス)技術評論社

滋賀医大の小山先生がついに本を書かれました。小山先生のホームページはこのブログの読者ならば一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。実は僕もその一人で、この本はそこに貼ってあるのを見つけて購入しました。今アマゾンで注文したら24時間で届きますよ。
痛覚および疼痛治療について丁寧に記述されています。上巻は基礎研究、下巻は臨床と分野を区別していますが、両者には一貫性があります。僕は通読しましたが、おかげさまで痛覚に関する考え方を整理しなおすことができました。一番最初の章に痛覚という概念を理解する歴史的な過程が書かれており、個人的にはもっとも読み応えがありました。是非ご一読ください。

0 件のコメント: