2010年3月25日木曜日

Opioid-Induced Long-Term Potentiation in the Spinal Cord Is a Presynaptic Event

J. Neurosci. 2010;30 4460-4466
レミフェンタニルの登場でオピオイドによる痛覚過敏(opioid-induced hyperalgesia: OIH)が注目されています。OIHのメカニズムを脊髄後角において調べた論文です。
オピオイドの鎮痛メカニズムが脊髄後角の痛覚伝達を抑制することにあって、これにはpresynapticな作用が主として関与しています。昨年、OIHと類似の状況で脊髄にLTPが生じ、これはpostsynaptic eventであるという論文が出ましたが、今回の論文はそうではなくて、presynapticなイベントであることが示されています。
まずはじめにラット脊髄にDAMGO(MORのアゴニスト)を投与して、これをwashoutするとC-fiberを刺激した後に生じる脊髄ニューロンの電気的興奮が増大する現象を示しています。Paired pulse ratioが増大していることからこの現象はPresynaticではないのかと考えているようです(図1)。注目するべきことに、約半数の後角ニューロンはこのようなLTPをひきおこさないようです。
図2ではGタンパク阻害剤のGDP-b-Sを後角ニューロンに投与してもLTPが抑制されないことが示されています。このdataから、シナプス後側の役割が限定的であると考えているようです。
さらに、一次知覚神経の中でTRPV1陽性ニューロンだけを選択的にablationするとLTPが消失しそれだけではなくてDAMGOによるEPSCの抑制効果が遷延する現象が観察されています(図5)。
これらの現象にはpresynapticな細胞内カルシウム濃度の上昇とNMDA受容体の活性化が必要であることが図6と図7で示されています。
TRPV1を除去するとDAMGOによるmEPSCの頻度が長い間抑制されるのがとても面白いと思います。一体どのようなメカニズムが関与するのでしょうか。

3 件のコメント:

河野達郎 さんのコメント...

Pan HLのグループは私の脊髄電気生理の研究と結構かぶります。今度論文読んでみます。

fumimasa amaya さんのコメント...

この機会に先生のopioid-JP論文読みました。今更ですけどクリアカットなよい論文ですね。

河野達郎 さんのコメント...

opioid-JPは私の最初の研究でした。最終的には結果はクリアカットになりましたが、やはり研究の大変さを痛感しました。これ以来研究を続け、10年も経ってしましましたが、いつまで続けられるのでしょうか。