2010年4月21日水曜日

Resolvins RvE1 and RvD1 attenuate inflammatory pain via central and peripheral actions

Nat Med. 2010 Apr 11. [Epub ahead of print]
Resolvinというのは、ω3不飽和脂肪酸から抽出された抗炎症作用を持つ脂質です。EPA由来のものをResolvinE1 (RvE1)、DHA由来のものをResolvinD1 (RvD1)と呼んでいます。非常に強い抗炎症作用があることは知られていましたが、この論文では炎症性疼痛に対する鎮痛作用をみています。
まずRvE1を足底に投与してホルマリン試験を行っています。ホルマリン試験における第II相がオピオイドやCOX2阻害剤と同程度に抑制されることが示されています。この作用はナロキソンで拮抗されず、PTXでリバースされているのでオピオイド受容体以外のGPCRが関与していると考えられます。実際に、ChemR23というResolvinの受容体がDRGと脊髄に存在することが形態学的に証明されています(図1)
図2では炎症性疼痛モデルといわれるCFA/カラゲニンの二つのモデルへの鎮痛効果が検証されています。RVE1やRVD1は髄腔内投与しても、足底投与しても鎮痛効果を発揮するようです。このうち、足底投与による鎮痛作用の少なくとも一部は炎症を軽減することによることが示されています。
知覚神経への影響ですが、TNFalphaやカプサイシンの髄腔内投与による痛覚過敏を抑制する効果があること、DRGおよび脊髄後角のERK発現を抑制すること、後角ニューロンのEPSCの頻度を増加させ、NMDA電流の大きさを小さくすることなどから(脊髄から見て)presynaptic, postsynapticの両方に働くと結論づけています(図3,4)。
一つの図で普通の論文が一個書けるような濃密な論文で、Ru-Rongらしいできあがりです。

0 件のコメント: