2010年10月21日木曜日

Central of Central sensitization

Painより
Central sensitization: Implications for the diagnosis and treatment of pain
Clifford J. Woolf in press
いろんな意味でCentral sensitizationの研究を推進し続けたCJWのReviewがPainに乗っています。もしかするとIASPで賞をとったことと関係があるのかもしれません。報告から30年、その概念もあと数年で違ったものになるのではないか、という気がします。

2 件のコメント:

河野達郎 さんのコメント...

概念もあと数年で違ったものになるとのことですが、central sensitizationはないものだったということでしょうか。

fumimasa amaya さんのコメント...

CSは疼痛に伴う中枢神経疾患の脊髄における一病態としてとらえられるか、疼痛に関連した中枢神経疾患そのものをCSと再定義するような動きも起こりえるかと思います。