2011年1月16日日曜日

MORとDOR

Neuronより
Facilitation of μ-Opioid Receptor Activity by Preventing δ-Opioid Receptor-Mediated Codegradation
脊髄後角でMORとDORがヘテロダイマーを形成していて、DORアゴニストを投与することでMORの膜表面への発現が減少する。DORとMORの接合を阻害する試薬によりモルヒネへの耐性の形成を抑えることができますよ。という論文。
2009年にDORとMORを発現する一次知覚神経は別種であるという論文がCellに発表されましたが、これに真っ向から立ち向かう形の結果になっています。どちらかが正しいのか、両者の間にある矛盾は解決されるのか、今後の成り行きを見守りたいと思います。

2 件のコメント:

kohdaigogo さんのコメント...

遅くなりましたが,先日(1/29)に佐和先生が松本に講演に来ました.緑膿菌の話ですが,すごかったです.

fumimasa amaya さんのコメント...

信州は寒いでしょうか?
僕も以前に聞きましたが、迫力ありますよね。