2011年6月25日土曜日

Managing pain effectively

Managing pain effectively
Lancetに術後痛、非癌性疼痛、癌性疼痛の治療をまとめたreviewが3編掲載されています。上記タイトルのeditorialも載っています。
術後痛のセクションでは、局所麻酔薬の剤形の工夫によるDDSの話題とプレガバリン、ガバペンチンなど慢性痛治療薬の応用の話題、遺伝子多型の話題が興味を引きました。

0 件のコメント: