2011年10月12日水曜日

プラセボ鎮痛とカンナビノイド

Nature medicineより
Nonopioid placebo analgesia is mediated by CB1 cannabinoid receptors. Nat Med. 2011 PMID: 21963514.
鎮痛作用のプラセボ効果は有名ですが、これは実験医学的に検証可能なものとしてとらえることができます。鎮痛剤を連日投与してその効果を認識させたヒトにある日プラセボを投与すると、これまでと同様な鎮痛効果が得られる現象がそれで、preconditioningとも呼ばれます。preconditioningを行う薬剤がオピオイドかNSAIDかによって、opioid preconditioningあるいはnon-opioid preconditioningに分類されます。opioid preconditioningはナロキソンで拮抗される一方、non-opioidではナロキソンで拮抗されないことがわかり、両者が異なる仕組みで鎮痛作用を発揮していることがわかっていました。
今回の論文はNSAIDによるnon-opioid preconditioningにCB1拮抗薬が抑制的に働くことを示し、NSAIDによるpreconditioningに内因性カンナビノイド-CB1受容体が関与していることを明らかにしています。

0 件のコメント: