2011年11月20日日曜日

SNLモデルにおけるL4 nerve injury

Painより
Re-evaluation of the phenotypic changes in L4 dorsal root ganglion neurons after L5 spinal nerve ligation
published online 04 November 2011
ATF3をdamaged neuronの指標としてSNLモデルにおけるL4DRGの疼痛関連遺伝子の発現変化を検討した論文。
5%程度のL4DRGニューロンがATF3陽性となる。この反応は皮膚切開の場所などに依存するようだ。ATF3陽性なニューロンは従来考えられていたL4ニューロンと同様ではなく、injured L5ニューロンと類似する挙動を示す。神経障害性疼痛の時にinjured neuronとuninjured neighboring neuronの機能変化を分子レベルで評価しようとする場合、SNLラットのL4/L5 DRGを採取しRT-PCRかウェスタンするのが手っ取り早い。L4DRGのATF3+ニューロンの割合はこのようなアッセイの信頼性を損ねるほど高くはないように思うが、injuredとuninjuredで反対方向にregulationのかかる分子の場合、両者の動きが相殺されて変化なしと検出される危険性があることは間違いない。
そんなわけで福岡先生、ナイスなお仕事と思います。形態学の重要性を再認識しました。

2 件のコメント:

Fukuoka さんのコメント...

コメントありがとうございます。11月にacceptされたのに、Toddさんのコメント待ちで1月号になっちゃいました。表紙の写真は如何でしたか?冬らしく石垣に降る粉雪をイメージしてみましたが、ちょっと暗かったかな。

fumimasa amaya さんのコメント...

すいません、AOPの時点で読んだので表紙の写真には気がつきませんでした。今ウェブで確認しました、綺麗な写真ですがサイズが大きくならなくて少し残念です。今度別刷りで見せてくださいね。