2012年1月22日日曜日

術後痛に対する補体系の関与

Painより
The complement component C5a receptor mediates pain and inflammation in a postsurgical pain model. Pain. 2011 PMID: 22137294.
補体系の活性化がtissue incisionの後に生じる炎症反応や疼痛に関与していることを示した論文。これまでもincision painとC5aの関係は報告(これこれ)があります。今回の論文の新規性はIL-1 betaとNGFの合成にC5a receptorが関与していて、補体系の関与のメカニズムが末梢性感作であることを示していることでしょうか。

0 件のコメント: